色ヤケ・退色
退色した黒留袖の黒引き直し
ヤケて色が変わってしまったお着物は、上から色をかけてお直しをします。ヤケている範囲が広い場合は一度反物の状態に戻してから染め直すことで綺麗になります。写真の黒留袖は、ヤケて黒が黄ばんでいましたので、解いて黒を引き直すことで元々の深い黒色にすることができました。

着物のヤケ直し
色が退色したものに染料を染み込ませて元の彩度に戻す作業がヤケ直しと云われる作業です。直す対象によって染料の種類や濃度を調整する必要があるため非常に高度な技術を必要とします。

和装コートのヤケ直し
褪やすい色として紫系統が挙げられます。ヤケている色や範囲・柄など総合的に見ながら、刷毛の使い方・染料の発色の仕方などを調整してヤケ直しをいたします。

卓布のヤケ直し
長時間光に当たることで色が褪せてしまったものはヤケている状態といえます。ヤケて退色した色を染料をかけて補うことで元の色に戻すことが出来ます。

タンス内で発生する
ガスヤケの直し
タンスにきちんとしまっていても木材から出るガスにより畳んだ折れ山にそって色がヤケてしまうことがあります。また全体のガスヤケが進むとお直しが高額になるケースが多いです。手遅れになる前に気付くためにも、一年に一度はタンスの中をチェックしてみて下さい。

ムートンコートのヤケ直し
ハンガーに吊るしていたら、右肩に直射日光が当たってヤケてしまったムートンコートです。青や紫、緑といった寒色は色が褪せやすいです。ムートンコートの場合は染料を掛けて直します。ただし布素材に比べて革は染料が発色しにくいため、ヤケがきつい場合や鮮やかな色の革は直らないこともあります。

しみ抜き 黄変色直し
仕立て替え カビ落とし
スレ直し 色ヤケ・退色
染め替え 柄加工
柄足し 汗の変脱色直し
かけつぎ・かけはぎ その他