スレ直し
ワンピースのスレ直し
スレとは、生地が摩擦によりダメージを受けて繊維が毛羽立っている状態を指します。薬品を用いて毛羽を寝かせることである程度抑えられますが、程度がひどいものは直しても角度によって若干白く光ったように見えることもあります。この場合は着用時に指摘されることのないよう正面から最も見えにくい状態に仕上げます。

和装バッグのスレ直し
水気がある状態で絹を擦るとスレが発生します。この和装バッグも汚れが付いてしまい落とそうと擦った結果、スレが出来ています。白く見えるのは色が抜けているからではなく、生地の表面が毛羽立っているためです。

脇のスレ直し
汗の水分によって脇が擦れてしまうことがあります。特にツルっとしたサテン地はスレが目立ちます。汗も多量に付着している場合、汗落としをした後にスレ直しをします。スレは生地表面の毛羽立ちによる傷が原因の為、お直ししても斜めから見ると白さが残る事があります。

シルクの洋服のスレ直し
洋服の前身に汚れをつけてしまい、あわてて擦ったことでシルク特有のスレと呼ばれる傷になっている状態になっています。先ずはシミを落として、スレを目立たなくする処置をいたします。汚れを落とそうと擦らず、そのままお持ち頂ければシミ落としの作業だけで綺麗になります。

留袖の帯下のスレ直し
絹は水分を含んだ状態で擦ると大変傷つきやすいです。帯下がスレているときはまず汗を落としてから、毛羽たっている生地を整えます。

ジミーチューの
バッグのスレ直し
丁寧に扱っていても綿素材のバッグだと、少し擦れただけで白くなってしまいます。スレは表面の毛羽立ちにより、光が乱反射して白く見えている状態です。絹と違い綿の場合は表面の毛羽立ちを抑えるだけでは直らないので、色を掛けて直します。一種のキズなので、範囲が小さいほど目立たなくできます。

レザーバッグのスレ直し 
表面を顔料で仕上げたレザーバッグは、底面角が擦れて顔料がはがれてきます。この場合は全面を塗り直すのではなく、周りの色と馴染むように顔料を調合してはがれた部分だけ直していきます。革は擦れると削れて、凹凸にができます。色は大分似せることができますが、削れてできた凹凸は直らないので、多少違和感は残ります。

しみ抜き 黄変色直し
仕立て替え カビ落とし
スレ直し 色ヤケ・退色
染め替え 柄加工
柄足し 汗の変脱色直し
かけつぎ・かけはぎ その他