カビ落とし
ブラックライトによるカビ点検
お着物をしまいっぱなしにするとカビが生えてしまう事があります。注意すべきは、目に見えていないカビです。綺麗だと思っていても無数のカビ変色が浮き出てくることもあります。目に見えないカビはブラックライトを照射すると確認できます。特に喪服や留袖は長く保管されている事が多いので定期的な点検をお勧めします。

帯のカビ
帯は刺繍糸に使用されている少量の糊からカビが発生し、全体が変色してしまうケースがあります。そういった場合は表面だけではなく中の帯芯からもカビが発生している事がほとんどなので芯交換までの作業を行います。

紙から発生するカビ
カビによる被害を防ぐには、少しでもカビが生えにくい環境を保つことが重要です。例えば紙は湿気を吸いやすいため、着物購入後は紋当て紙をはずすことをおすすめします。たとう紙も茶色いシミが出てきたら交換時期です。カビが進行してしまうとお直しにかかる費用も高額になります。ぜひ一度、タンスのお着物をチェックしてみてください。

紋の中のカビによる変色
留袖のカビ落としのご依頼で点検すると紋の中にもカビ変色が出ていることがあります。この場合、紋はカビを落とした後もう一度入れ直す作業を行います。カビが生えたところだけ作業することもできますが、そこだけがきれいになってしまうので紋が黄ばんでいるようでしたら全てやり直すことをお勧めします。

細かいカビ変色直し
黄色の粒々はカビの変色です。全体にもプツプツと似たような黄色いシミがありましたが、衿周りに特に多く出ていました。カビ変色は湿気が原因です。先に紙が湿気る事が多いのでたとう紙に黄色いプツプツとしたシミが浮いてきたら、早急に中のお着物の点検をおすすめします。

和装ショールのカビ落とし
着物だけではなく小物にもカビは発生します。シルクの和装ショールに数多くのカビ変色が出ています。黄色い点々としたシミを漂白の作業でお直ししました。和装小物も虫干しの際には一緒にタンスから出して風にあてる事が必要です。

宝石箱のカビ落とし
カビの一番の要因は湿気です。今回お預かりした宝石箱のように密閉度が高い場所は湿気がこもり、カビが発生しやすくなります。カビは水で洗って落としますが、このような材質のものは大量の水を使って洗えないため、使う水の量を慎重に調節しながら、少しづつカビを落としました。

着物の白カビ落とし
カビは初期状態ですと白カビが表面に出ます。この状態であれば水で洗って、熱処理をすればほぼきれいになります。ただし、そのまま放っておくとカビの生えた部分が黄変ジミになったり、濃い色の着物だと脱色したりします。

カビ落としの注意点
新しいカビは払うと落ちたように見えますが、カビの根はしっかり洗わないと落ちないので、そのままだとすぐにカビが出てきます。また、目に見える以上にカビは全体に回っています。当社ではブラックライトでカビをチェックしていますので見えないカビまで作業しています。

鞄のカビ落とし
古いカビは生地を黄変色させます。その為洗うだけでは見た目の変化がありません。漂白作業できれいにする事は可能ですが、カビ変色は漂白剤が効きにくく、お着物の場合でしたら濃い変色は柄足し等で隠す必要がある事もあります。そうならないように早めのチェックが重要です。

しみ抜き 黄変色直し
仕立て替え カビ落とし
スレ直し 色ヤケ・退色
染め替え 柄加工
柄足し 汗の変脱色直し
かけつぎ・かけはぎ その他