黄変色直し
肩山一面に広がっていた
黄変色直し
綺麗なピンク色の振袖に黄茶色の変色が肩山や袖一面に発生していました。一つ一つ丁寧に漂白し、その後色が抜けた所には色を掛けてお直しします。

森口華弘の黄変色直し
柄には胡粉と呼ばれる顔料が使われていることがあります。その部分にカビが生え、全体がカビだらけになることがあります。進行すると白いカビは黄変色となり、洗うだけではなく漂白や顔料を用いてお直しをする必要があります。

総絞りの変色直し
黄色や茶色になっているシミは変色しているので、まず生地が傷んでいないか状態を確認します。その上で調合した薬品を適切に用いて漂白、色かけをしてお直しいたします。

匂い袋による変色直し
匂い袋をお着物と一緒にタンスにしまわれている方は多いと思いますが、長い時間放置してしまうと匂い袋から発生するガスにより、お着物が変色する事があります。様子を見ながら定期的に位置を変えたり出す事で変色は防ぐことができます。

カビによる変色直し
カビの変色は畳んで重なり合った場所にも移ることがあります。その場合移った部分も適切にとカビ落としを行わないと、また変色が広がる恐れがあります。

留袖の柄中変色直し
通常変色のシミは漂白作業によりお直ししますが、生地が劣化していて漂白に耐えられる状態ではない場合、また変色部分が広範囲である場合などには、顔料や金箔を使った柄加工を施してシミを隠すことできれいにしていきます。

衿の黄変色直し
肌に触れる衿元が変色しています。漂白後、色が抜けた部分は色かけをして仕上げます。柄物、色物の場合は、目立たない所でテストをし、色が抜けないか、抜けても元に戻せるか判断して作業いたしますのでご安心ください。

衿の肌に触れる部分の
黄変色直し
衿の折れ山部分にファンデーションが付くことがありますが、放っておくと色素が沈着して洗うだけでは落ちなくなります。また肌に触れる部分ですので汗の成分も変色の原因になります。変色は漂白+色かけで直しますが、シーズンごとにお手入れをしておけば安心です。

黄変色直し
変色する原因はいろいろありますが、ほとんどがシミや不純物の経年変化により生地を変色させたものです。早くて数か月、遅くても1年位で変色が始まると言われています。変色が濃くなる前に早めにチェックを行うことで、きれいにお直しできる可能性が高まります。

しみ抜き 黄変色直し
仕立て替え カビ落とし
スレ直し 色ヤケ・退色
染め替え 柄加工
柄足し 汗の変脱色直し
かけつぎ・かけはぎ その他