しみ抜き
ムートンコートのペン汚れ落とし
ムートンコートのスエード部分にボールペンの汚れが付着しており、スエードは自然に微撥水しますが、撥水を破って浸透してしまった汚れは落ちにくいのが特徴です。ペン汚れも徐々に浸透していきますので早めの処理をする事で、綺麗にできる可能性が高まります。金額も比較的安く済むことが多いので、着ないからとクローゼットに入れたままにしておかず、早めにご依頼して頂く事をお勧めします。

衿の汚れ落とし
衿についたファンデーションや皮脂などの汚れ落としです。吉本での洗いでは衿、袖口は必ず丁寧に手作業で洗います。着用後、すぐのお手入れでしたので、変色もなく汚れ落としのみできれいになりました。

白い訪問着に付いた口紅落とし
「白い訪問着に口紅をつけてしまった」という着物。裾に赤い紅がたっぷり付いてましたがそのままの状態で当社に持ち込んでくださったので、石油系溶剤でシミが落ちて色が薄くなり、地色になじむ色で色かけを行うと綺麗な元の白色に戻りました。お化粧が着物に付くのはよくある事です。ご自身でシミをこすり落とさず、汚れたままで当社までお持ちください。

刺繍の変色直し
着物をリメイクした素敵なワンピースなのですが、せっかくの刺繍柄に変色ジミが…。 通常の変色ジミには漂白剤を使って作業するのですが、生地の黒色と刺繍周りの金加工等が漂白剤に反応してトラブルを起こす可能性があるので、今回は顔料を上から塗って変色ジミを隠しました。顔料なのでどうしても少しの硬さは出てしまうのですが、なるべく薄塗りにして違和感が出ないように仕上げました。

コートの汚れ落とし
車の乗り降りやエスカレーター、自転車の車輪に挟まったとき、真っ黒に汚れてしまうことがありますが、油分があるので水洗いでは落ちません。さわらずご相談頂いた方が落ちやすく綺麗に仕上がります。

男性用シャツの汚れ
毎日着るシャツの汚れ。男性の汚れは油分を多く含んでいる為、ご家庭の洗濯では中々汚れが落ちません。当店ではご家庭で中々落とせない洋服の汚れ落としも対応しております。気になる品物がございましたらお気軽にご相談下さい。

振袖の袂の汚れ
振袖を着た後のお手入れで必ずチェックしなければならない場所で袖底部分があります。椅子に座るとき、袖が床に垂れ下がって汚れてしまうことが多い為です。八掛の裾が汚れることは知っている方も多いかと思いますが、振袖の場合はそれが広範囲に及ぶことがあるので脱いだ直後にご自宅で確認することをお勧めいたします。

麻のジャケットのシミ落とし
水に濡れた状態でしばらく置いていたジャケットの色のにじみ出しのシミです。このタイプのシミは放置せず、作業にかかれるのが早ければ早いほど落ちが良く、仕上がりも綺麗です。

着物に付いた食べ物のシミ
お食事の時のシミはついた直後は落しやすいですが、そのまま置いておくと変色になり生地へのダメージも大きいです。見つけたら早めにご相談下さい。

マフラーの汚れ落とし
どこでつけてしまったのか?クリーム色のマフラーに広範囲で黒々とした汚れがついております。でも大丈夫です。丁寧に汚れを落としていき、生地を傷めることなくキレイなクリーム色が蘇りました。季節の変わり目、押し入れにしまわれる前の衣服のお手入れも当店をぜひご利用ください。

着物の泥はね落とし
雨の日に歩くと泥をはね上げてしまい、後身頃の裾からお尻のあたりや袖底付近に付いてしまう事が多いシミです。アスファルトの上でも排ガスの塵で黒いシミが付きます。古い泥はねですと沈着し残ってしまう事もありますので、見つけた際は早めのシミ落としをオススメします。

スエードブーツの接着剤落とし
新品のスエードブーツですが、製作時の接着剤がシミになっていました。革は一度針を通すと穴が残ってしまうので仮縫いができない素材です。しかし、パーツを仮止めしないとミシンで縫う事ができませんので仮止めに接着剤を使うことが多いのです。その為、接着剤のシミが付いているケースは結構ありますが、当初は透明なので目立ちにくく、経年変化で黄色く変色してくると目立ってくるので使っている最中に何かついたのではないかと思われることも多いです。接着剤は革に浸透していなければ落としやすい状態の物も多いのでお気軽に御相談下さい。

スエードに付いた色移り直し
インナーに着用していたインディゴ染めの色移り直しです。摩擦で中に入り込むと落ちにくくなりますが、表面にのっている状態の場合はかなり綺麗に仕上げることができます。

スーツケースのヘアオイル落とし
スーツケースの内側にこぼしてしまったヘアオイルの汚れ落としをいたしました。内側のファスナーがついている面に汚れが付いたのが幸いでした。ファスナーを開けて板とタオルを差し込み、石油系溶剤とお水を使ってきれいにいたしました。一見無理かと思われるお品物でも、当店にお持ちくだされば良いご提案ができるかもしれません。直したいお品物があればぜひ一度ご来店ください。

何が付いたか分からないシミ
知らない間に付いていたそうで口紅かもしれないとお持込み頂きましたが、水溶性のシミでおそらく食べ物のシミでした。何かわからないシミも適切に処置しますので安心してお持ち込み下さい。

ムートンバッグの汚れ落とし
表面全体の排ガスなどによる黒ずみも当店では綺麗に落とすことが出来ます。お水などでこすってしまうと中に汚れが入り込み落ちにくくなりますので、さわらず当店へご相談下さい。

着物からの色移り
汗は通常弱酸性のものですが、大量にかかれるとアルカリ性に変化し、染料を溶かすことに繋がり色移りの原因になります。夏物は特に汗によるトラブルが多くなります。

襦袢に付いた塗料のシミ
強力な塗料のシミは成分によって落し方が異なります。様々な方法を試し一番シミが落ちる方法でご提案致します。お客様ご自身で作業されますと塗料が解け繊維の奥に入り込み落ちにくくなることがありますので、そのままお持込ください。

フェンディのバッグのシミ落とし
バッグの持ち手近くについてしまったシミですが、シルク素材でしたので漂白と色かけでお直しいたしました。シルク素材はキズになりやすいので触らず早めにお持ち頂ければ、仕上がりも綺麗です。

濃い地色の袖口変色直し
濃い地の着物は汗やシミの成分で脱色を起こします。まずシミの成分を洗い落とし、染料を調合して部分的に着色して直します。

ペンキの付着落とし
ペンキは通常のクリーニングでは落とす事が難しくきつめの溶剤で落とします。シミの具合によっては色かけが必要になることもあります。また繊維の奥まで入り込んでしまうと落ちにくくなる可能性が高いので、もしシミや汚れを付けたら触らずそのままお持ちください。

帯揚げに付いた藍の色移り
藍染や泥大島の着物は着用時の摩擦で帯や襦袢、小物に色が移る事があります。 今回の例では写真では写らない位にうっすら青味が残ってはいますが、ほぼ分からない位に落とす事ができました。

シミが付いた時の対応
うっかりつけてしまう食べこぼしのシミ、擦ったり叩いたりしないで出来るだけそのままの状態ですぐにお持ちこみください。 原因がはっきりしていて時間が経っていないシミはほとんどのものは綺麗に落とせます。

ワインのシミ抜き
肩から背中一面に、赤ワインがかかった為持ち込まれました。お酒のシミは糖分を多く含んでおり、変色の原因になります。そのため小さなお酒のシミでも早目に当店へ持ち込み下さい。また解かずに作業出来る事も有りますのでご相談ください。

食べこぼしのシミ
飲食物を食べこぼした場合は何もせずそのままの状態で当店にお持ち込みください。焦ってシミを擦ってしまうと、生地が傷み綺麗にお直しをすることができなくなります。職人が見て判断し、最適な方法でシミ抜きをいたします。

衿に付着した
ファンデーションの汚れ落とし
着用後ほぼ必ずついてしまうシミは、衿のファンデーションのシミです。放置しておくと黄変色の原因になります。ファンデーションのシミは油性のシミですので、ベンジンで洗って落とします。このシミはお客様ご自身でも落とせるものなので、当店で行うシミ抜き講習会にてお直し方法を伝授いたします。

革のシミ落とし
革製品に付いた水のシミが取れなくなったことはありませんか。当社では革製品に付着したシミや汚れも手作業で丁寧に落とすことができます。お手入れなどもお気軽にご相談ください。

水性のシミ落とし
お酒や水などがかかってしまい大きなシミになったことはありませんか。シミになるだけでなく大量に液体がかかると生地が縮んでしまいます。その場合はシミを落とした後、生地の状態を見ながら蒸気をかけ、優しく手作業で伸ばして縮みを修正いたします。

鳥の糞のシミ落とし
鳥の糞や、飼っている猫や犬の嘔吐物、尿など、動物からついたシミには特殊な成分が含まれている場合があります。お着物の生地を弱らせたり、変色させたりと思わぬ被害をもたらしかねません。ご自身では無理に触らず、できるだけ早く当店へお持ちください。シミの成分を十分に洗い落とし、変色した部分に色をかけることできれいにします。

タンパク質のシミ落とし
イクラや卵、肉汁、血液などのシミをおとすにはタンパク質を除去する作業が必要です。薬品を用いて少しずつタンパク質を分解した上で、変色している場合は漂白と色かけを行います。シミの性質がわかっていればスムーズに薬品を選び作業を進めることができるので、生地に負担をかけずよりきれいな仕上がりになります。何のシミがついたのかわかっている場合はお伝えください。

血液のシミ落とし
写真は指先を怪我していることに気付かず帯を締めたため、あちこちに血液が付着したケースです。血液のシミは古くなると落ちにくくなるので、早めにご依頼ください。

コーヒーやお茶、
お酒のシミ落とし
ジャケットにかかったコーヒーのシミ落としをいたしました。コーヒー、抹茶、ワインのシミはもちろん、お酒など透明で一見わからないものも経年変化で変色しますのでシミ落としが必要です。他店で直らなかった、断られたシミ落としも当社へご相談下さい。

抹茶のシミ落とし
シミを落とすにはベンジンをはじめとする石油系溶剤、もしくは水を使います。
洗うだけできれいに落ちれば一番良いですが、黄変ジミになっていた、生地に染まって完全に定着していることが多いです。そのときはシミの成分にあった薬品を選び、熱を加えたりしながら慎重に漂白していきます。

少し時間の経った
血液のシミ落とし
血液のシミはお持ち込みいただくのが早ければ早いほど落ちやすいシミです。付着してすぐなら水で洗うだけで落とすこともできます。しかし付着してしばらくすると血の中のタンパク質が硬くなってしまい落としにくくなります。硬くなった場合はタンパク質を分解した後にシミ落とし、漂白作業を行います。血液のシミはなるべく早くお持ち込みください。

しみ抜き 黄変色直し
仕立て替え カビ落とし
スレ直し 色ヤケ・退色
染め替え 柄加工
柄足し 汗の変脱色直し
かけつぎ・かけはぎ その他