お直し対象のお品。安心してご依頼下さい。着物のクリーニング・染み抜きのことなら「きものトータルクリニック吉本」にお任せ下さい。

クリーニング・染み抜き・着物・東京
お見積もり、ご相談無料。WEBからのご依頼はこちらから!


襦袢 母乳のシミ落とし
タンスにしまってある着物の状態が気になるので見てほしいと
まとめて20枚ほどお着物をお持ちいただきました。
この襦袢はそのうちの1点でした。
両胸と右の衿先がかなりきつい変色になっていて
特に左胸が広範囲に変色しています。
胸の変色ですと通常汗による変色が多いのですが、
見た瞬間何か違うと感じました。
汗による変色ですと着た時に下になる右胸の方がきつくなります。

また右の衿先も汗ジミは付きますが、
その場合は腰紐に沿って右の身頃にも横に変色が続いていくことが多いのです。
シミのある部分を触ってみると固くなっています。
お客様にこれはもしかして母乳のシミではありませんかとお尋ねすると
お宮参りのときに着てそのまましまって置いたものなので
たぶんそうだと思うとの事でした。

母乳は赤ちゃんにとって完全食と言われています。
もともとは血液から作られていますがその成分は
タンパク質、脂質、糖質、種々のミネラル、ビタミンで構成されています。
タンパク質は時間が経つと固まりますので、
シミを触った時に固かったのはそのためです。
また脂質、糖質は空気中の酸素と反応してシミを茶色く変化させます。

お預かりしたお着物はその場でお見積りすることがほとんどですが、
このシミはきれいになるか判断の難しいものでしたので
見積もりに数日お時間をいただきました。
テストしたところ完全に元の状態にすることはできませんが、
かなりきれいになることが判明したので、
多少ムラが残ることをご説明してから作業にかかりました。
まずは固くなったタンパク質を除去することから始めます。
酵素を使ってタンパク質を分解します。
古くなって取れにくくなっているので何回も作業をを繰り返します。
完全にタンパク質を取り除いてから茶色いシミを漂白します。
漂白によって襦袢の色も薄くなりますので、最後に色かけをして元に戻します。
シミの範囲が広く難しいお直しでしたが
これなら大丈夫というところまで戻すことができました。

当初20年近く経っているのでお客様もシミを見て半分あきらめているご様子でしたが
上りをお見せしたところここまできれいになるなんてと驚かれていました。
多少のムラも気にならないとの事でした。
母乳以外にも血液、卵、イクラ、コラーゲンの入った食べ物など
タンパク質のシミがついて年数が経つと落ちにくくなります。
気づかずにクリーニングに出してしまうとプレスの高温によって
より固まってしまい落ちにくくなります。
ドライクリーニングではこういったシミはいっさい落ちません。
お食事の時など付いてあわてて擦るのは生地を傷める原因となります。
タンパク質を含んだシミは粘り気があるので
そのまま畳むと他に移ってしまう事があります。
そっとティッシュなどを挟んで早めにお持ちください。
早ければ早いほどきれいになります。
  • 店舗:金沢店 / 担当:脇田
  • とじる

▲PAGE TOP

株式会社 吉本
京都本社  〒604-8334 京都市中京区三条猪熊町648
東京日本橋 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町1-4-8
金沢    〒921-8163 石川県金沢市横川7-2
南青山   〒107-0062 東京都港区南青山6-2-2
鹿児島   〒892-8601 鹿児島県鹿児島市金生町3-1 山形屋 中4F
銀座    〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目7-19 銀座フォリービル1F
  • ブランド・メーカー・着物のクリーニング店
  • 百貨店・着物クリーニング・染み抜き・着物洋服