お直し対象のお品。安心してご依頼下さい。着物のクリーニング・染み抜きのことなら「きものトータルクリニック吉本」にお任せ下さい。

クリーニング・染み抜き・着物・東京
お見積もり、ご相談無料。WEBからのご依頼はこちらから!


小地谷縮(麻)の着物 汗変色直し
夏に着用する小地谷縮の着物。
生地の目が荒く風通しがよくさらっとした着心地で汗もよく吸収してくれる特徴から
よくお着物を着用される方々から重宝されています。

しかし、普段着のお着物といっても浴衣ではありません。
中々ご自分で気軽に洗うというわけにはいきません。
絹は水に濡れた状態での摩擦に非常に弱いという性質がありますが、
麻は繊維の強度としては水に強く、濡れることで繊維が固くなりより堅牢になります。
しかし、固くなるということは普通に洗ってしまうと
整然と並んでいる糸がガタガタになってしまった状態で固まってしまい
型崩れや小じわの原因になってしまいます。
リネンシャツなどの洋装品を洗濯するとシワがひどくなるのはこのためです。
麻の着物も同じで、洗うことは可能でも元の状態に戻すことが
非常に難しいので通常ご自宅で気軽に洗うことができません。
それだけではなく、麻は本来染色性がよくないこともあり、
シワの山に沿って色が薄くなってしまう可能性も高く、
染色されたお着物の場合引っ掻き傷がついたように筋が入ってしまう事例もあります。

以上のことから、せっかく夏場に適した素材を使用しているのに
水で気軽に洗えないもののため丸洗いだけをされている方がほとんどです。
ところが、色んな事例からもご説明していますように、
丸洗いでは表面上の油性の汚れは落ちても水性のシミは全く落ちません。
汗は水性のシミに属していますので一切落ちていないのです。
「毎回洗いに出しているから大丈夫」と思っていらっしゃる方、
一度お手持ちのお着物の衿や両脇部分をよく見直してみてください。
体質によっても違いますが、洋服の脇や衿部分が黄ばむことがある方であれば要注意です。
今回の事例はそれが顕著に現れていた汗による変色です。
洗いに出していた筈の着物でしたが、
実際には水洗いではなく丸洗いをされていたことで汗が残留し、
このように変色を起こしてしまったというものです。
ここまでいくと元の綺麗な状態にすることは非常に難しく、
他の直し屋さんであれば染め替えを勧められるレベルですが、

当社ではテストを繰り返し
限りなく元の状態に近付けることが出きるということでお直しをご依頼いただきました。
一点に対してかなりの時間を費やし、どうやったらこの着物が直せるかを考え出すスタイルで
仕事に臨んでいるから出きることだと思っております。
費用が合わずご返品になってしまうこともありますが、
他で直らないと断られたものをいかにして直していくかを考えながら仕事をしていく、
そんな名医のような直し屋を日々目指して技術を磨いていきたいと思っています。
  • 店舗:京都本店 / 担当:西野
  • とじる

▲PAGE TOP

株式会社 吉本
京都本社  〒604-8334 京都市中京区三条猪熊町648
東京日本橋 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町1-4-8
金沢    〒921-8163 石川県金沢市横川7-2
南青山   〒107-0062 東京都港区南青山6-2-2
鹿児島   〒892-8601 鹿児島県鹿児島市金生町3-1 山形屋 中4F
銀座    〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目7-19 銀座フォリービル1F
  • ブランド・メーカー・着物のクリーニング店
  • 百貨店・着物クリーニング・染み抜き・着物洋服