お直し対象のお品。安心してご依頼下さい。着物のクリーニング・染み抜きのことなら「きものトータルクリニック吉本」にお任せ下さい。

クリーニング・染み抜き・着物・東京
お見積もり、ご相談無料。WEBからのご依頼はこちらから!


袋帯 帯の金加工
この帯はお客様が元々大変気に入っている帯なのでなんとか締められるようにしたい、とのことでした。お話を伺ってみると特に何かをこぼしたわけではなく、ただ保管していただけで黒くなってしまったそうです。ではなぜ黒くなったか。それはなんと硫黄の成分によるものでした。
お客様は有名な温泉地域にお住まいで、ご自宅周辺では温泉がたくさん湧いているそうです。このことから帯の金・銀糸が空気中の硫黄で変色したと推測されます。実際、変色は畳んだ時に端にくる部分のみに発生しています。 こういった変色は普通、元と同じ色を作って変色部に吹き付けて隠す加工をします。
しかしここで2点問題があります。1点目は銀色の基本色が少ないことです。銀色は特に変色を起こしやすい色なのですが、色数が少ないので混色して同じ色を作ることが難しい色なのです。(細かく言うと採取された年によっても微妙に色目が異なります。)

二点目は変色が黒い色であることです。黒い変色はそのまま顔料を吹き付けても隠しきれなかったり、吹く量が厚くなったりします。そのため通常は変色直しを行い、薄くした上でで顔料を吹き付けるのですが、今回の帯は銀糸の表面のフィルムが化学変化で黒くなっているので薬品等を用いた変色直しで直るものではありません。さらに明度の低い色を明度の高い色で隠すことも作業の難易度を上げています。
上記の点からあらかじめ同じ色になるかは分からないとお伝えし、部分的にテストを致しました。そしてテストをした部分をお客様にご覧頂き、その後の作業を進めることになりました。 最終的には変色を隠すために吹き付けた銀は近くで見なければ分からない程度の色の差になり、お客さには大変ご満足していただけました。
※帯の上に顔料や金を吹き付ける加工は織りの光沢が失われ、マット感が出てしまいますことをご留意ください。
  • 店舗:京都本店 / 担当:篠原
  • とじる

▲PAGE TOP

株式会社 吉本
京都本社  〒604-8334 京都市中京区三条猪熊町648
東京日本橋 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町1-4-8
金沢    〒921-8163 石川県金沢市横川7-2
南青山   〒107-0062 東京都港区南青山6-2-2
鹿児島   〒892-8601 鹿児島県鹿児島市金生町3-1 山形屋 中4F
銀座    〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目7-19 銀座フォリービル1F
  • ブランド・メーカー・着物のクリーニング店
  • 百貨店・着物クリーニング・染み抜き・着物洋服