着物寸法直し - クリーニングの修復技術|着物クリーニングの吉本

着物クリーニング
お見積もり、ご相談無料。WEBからのご依頼はこちらから!

着物寸法直し

着物の寸法直しといえば、袖丈直しや裄直し、身巾直しなどが一般的です。
和裁に覚えのある人や、少し手先の器用な人であればもしかしたら着用に差支えない程度に直せてしまうかもしれません。
しかし、当社の着物の寸法直しが他店や素人さんのそれと大きく違うのは、ただ寸法を直すだけが寸法直しだとは考えていない点です。
着物をよく着られる方々にもあまり広く知られていませんが、着物の寸法を直す時には、ほとんどの場合問題が発生するものです。
袖丈を短くする、裄を短くする、身巾を狭くする、といった小さくする、短くする寸法直しでしたら何事もないことがほとんどでしょう。 ですが、袖丈を長くする、裄を長くする、身巾を広くするといった場合はどうでしょうか?
例えば袖丈を今より長くしたいと思い、袖丈直しをしたとします。そうすると大抵、前の袖丈の筋がはっきりと線になって残って見えたり、着物全体は色焼けしているのに、縫い代になっていた部分だけ色焼けしておらず、色が違って見えるといった問題が発生します。
もちろん解いてみないと分からないことも多いので、お客様の前で一部分解き、一緒に着物の状態を確認することが重要になってきます。
その場合、当社のように職人が直接お客様とお話しできると納得していただきやすいと思います。
裄直しや身巾直しについても同じことが言えます。
前より裄を伸ばしたら肩と袖に筋が残っている。前より身巾を広げたら縫い代になっていた部分の色が違う。更に酷いのが裄直し・身巾直しをしたら柄が無かったという場合です。
最近よくあるのは、成人式にお母様の振袖を着ようと思ったら裄が合わず、裄出しをしたら縫い代になっていた部分の柄が切れていたというケースです。近頃の若い方は背が高く手足の長い方が増えてきているので、そういったお直しが増えてきています。柄加工や柄足しにもこだわりをもった当社だからこそ、お客様の寸法に合わせたお直しと、それに伴う柄足しとどちらも行うことができます。
他にも身丈出しや袴の裾つめ、お子様の着物の肩揚げ・腰揚げなどの寸法直しだけではなく、他社では全部解いて一から仕立て替えるような特殊なお直しも承っております。
お客様の着姿がよりいっそう美しくなるようつとめる、それが当社の寸法直しの目指すところです。

▲PAGE TOP
株式会社 吉本
京都本社  〒604-8334 京都市中京区三条猪熊町648
東京日本橋 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町1-4-8
金沢    〒921-8163 石川県金沢市横川7丁目2
南青山   〒107-0062 東京都港区南青山6-2-2
中野    〒164-0013 東京都中野区弥生町4-2-26
  • ブランド・メーカー・クリーニング店
  • 百貨店・クリーニング・染み抜き・着物洋服