柄加工 - クリーニングの修復技術|着物クリーニングの吉本

着物クリーニング
お見積もり、ご相談無料。WEBからのご依頼はこちらから!

柄加工

昔の着物を出してみたら全体の赤い花が派手すぎるわ。白い柄の部分に黄色い斑点がある。娘に譲ろうと思っているけど地味ね。

これらの事例はほとんどの場合柄加工で解決できます。
一般的には色を変える場合や、全体に加工を施す場合、解き湯のしをしてからの作業と思われがちですが、当社ではなるべく無駄な作業、無駄な加工賃を減らすために、仕立上がりのまま作業をさせていただきます。

柄の色替え例
赤い花やピンクの柄、昔はかわいいと思ったけど、今着るのには抵抗がある。 地色は好きだけど何とかならないかしら?

柄の色のみを替えることの出来る当社の技術は、お客様と相談して決めた色に替える事が可能です。もちろん難しい色もございますので、綺麗に上がる色を提示いたしますのでその中からお好きな色をご選択ください。

全体金加工例
全体に変色がある、地味なので派手にしたい。

変色はほとんどの場合、黄色か茶褐色に変わっていきます。これが全体に及んだ時、通常の丸洗い・クリーニングではもちろんのこと、変色直しでも綺麗にとりきれないことがあります。
ではどうするのか。 全体に金の霞や小紋を施しその変色を隠していきます。 もちろん変色の原因になった成分は綺麗に落としてから金加工するため、後からしみが浮き上がってくるような事はありません。この作業も仕立て上がりのままできますので、解き代や仕立て代がかかりません。

▲PAGE TOP
株式会社 吉本
京都本社  〒604-8334 京都市中京区三条猪熊町648
東京日本橋 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町1-4-8
金沢    〒921-8163 石川県金沢市横川7丁目2
南青山   〒107-0062 東京都港区南青山6-2-2
中野    〒164-0013 東京都中野区弥生町4-2-26
  • ブランド・メーカー・クリーニング店
  • 百貨店・クリーニング・染み抜き・着物洋服