着物・クリーニング・しみ抜き・東京
お見積もり、ご相談無料。WEBからのご依頼はこちらから!

知識と技術を高め、固定観念を捨ててお直しに取り組む。

吉本 京都店 店長からのご挨拶

きものトータルクリニック吉本 京都店 店長
西野 博幸 Hiroyuki Nishino

着物と言えばどこ?と尋ねればほとんどの方が京都と答えるのではないかと思うくらいの云わずと知れた着物処。呉服の主要なメーカーさんや問屋さんは京都に店を構えていて、我々きものトータルクリニック吉本もその中の老舗呉服問屋の加工部から独立して始まりました。 始めは問屋さんからの下請けとしてこれから販売していく出来上がったばかりの新しい商品に見つかった生地や染めの難を直し、お客様のお手元に届ける前に綺麗にする作業を主に行ってきました。

日本各地に着物の産地は有りますが、メーカーさんや問屋さんが京都に有るという事で自然に各地の着物が集まってきます。同じ絹織物とはいえ数えきれない程の種類が存在する上に特性も様々で、その特性に合わせた高度な直しの技術を要求されてきました。

常に同じ色、同じ織り方の品物を作業するわけではないので、その都度色を調合して色掛けを行い、薬品を変えてシミを抜いていく事になります。しかも扱う品物は高級品。間違いは許されないプレッシャーの中直しをしていくわけです。自ずと技術は進化していきました。

その後お客様の着用した着物のお手入れを頼まれるようになり始め、新しい商品の直しから古く酸化した変色ジミを直していく技術を求められるようになりました。

お客様からお預かりしたお品物にはたくさんの思い出やお金では換算できない価値がつまっています。成人式の時に作ってもらった振袖、結婚するときに持たせてもらった留袖や訪問着など。作業的に難しいだけでなくそれらを取り扱うのは新品の商品を作業するより更に緊張します。着用していた状況、付着しているシミの成分まで考慮し、適切な順序で作業に当たらないと落せるシミも落ちなくなってしまう可能性もあるので、じっくりと品物と向き合っていかなければならず、知識と技術の両方が必要になるわけです。

伝統技術の継承と自由な発想

本物の職人は見ただけでそのシミがどんなものでどのような仕上がりになるかが分かると云います。株式会社吉本ではそういった偉大な先人たちの経験と伝統的な技術を継承し、後輩に伝えていくことで多くの職人を育て会社としても成長してきました。 熟練の職人が若い世代を指導し、育った職人を各店舗に送り出していくスタイルをとっているので、来店したお客様であればお気づきだとは思いますが、対応させていただく者は若いスタッフが多いというのが特色です。

若い世代の新しい感性も取り入れ、固定観念にとらわれない自由な発想で伝統技術だけでなく人が考え付かないような新しい事を考えだしていっています。
昨日までは出来なかった事が今日は出来るようになった、なんていうことが最近でも起こっているくらいです。そういったことから他店で駄目だったものでも『当店でダメなら諦めてください』という言い方をさせていただいている理由です。

京都店では他の店舗とは異なり、路面店ではなく大通りから少し奥まった通りにあるので地図では少し分かりにくいかと思いますので、そんな時はお電話していただければ詳しくご説明させていただきますのでお気軽にお電話下さい。
株式会社 吉本 京都本社
〒604-8334 京都市中京区三条猪熊町648
TEL/075-841-7804 FAX/075-841-7830
営業時間/9:00~18:00 定休日/日曜・祝日
交通アクセス
阪急京都線/大宮駅より 徒歩5分
地下鉄東西線/二条城前駅より徒歩5分
猪熊通西側大きな看板が目印です

Google Map

とじる▲PAGE TOP
株式会社 吉本
京都本社  〒604-8334 京都市中京区三条猪熊町648
東京日本橋 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2丁目60-3グローリー日本橋102
金沢    〒921-8163 石川県金沢市横川7丁目2
南青山   〒107-0062 東京都港区南青山6-2-2
  • ブランド・メーカー・クリーニング店
  • 百貨店・クリーニング・染み抜き・着物洋服

l>